FC2ブログ
--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2015/11/01

MVを早速検証!3

前回に引き続き、今回もキャラクター生成機能について検証していきます。
前回は顔グラフィックについてでしたが、今回はキャラチップを検証します。
ちなみに、下がキャラクター生成機能の画面ですね。
MV04.jpg

見ていただきたいのは、サイドビュー戦闘用のキャラチップです。
通常のキャラチップより大きいですよね?
通常のキャラチップが48×48の設定なのに対し、
戦闘用キャラチップは64×64の設定です。
つまり通常キャラチップは戦闘用キャラチップより75%ほど小さいということになります。

これを踏まえて、今回の検証作業は
『戦闘用キャラチップを75%縮小すれば、通常キャラチップとして利用できるか?』
という疑問を解決してみました。

まずは上記画像のサイドビュー用キャラチップをエクスポートし、
『GIMP』を使用して75%縮小します。

次に通常キャラチップを同様にエクスポートし、
同じくエクスポートした倒れグラフィックと合わせて合成してみました。
それが下記のキャラチップになります。

ANNA.png
・・・上手く合わさったように見えます。
というわけで、早速イベントを設置し、テストプレイしてみました。

MV03.jpg

問題なさそうです。
これを活用すれば、イベントシーンで詠唱させたり、ダメージを受けたり、
傷を負ったり、前のめりに倒れたりといった演出ができますね!

あとはサイドビュー用の武器グラフィックを同様に75%に縮小し、
『振り』アクションに持たせてみました。
それが上記の赤○で囲ったキャラチップです。

残念ながら48×48の設定では武器を持たせるにはサイズが小さいため、
96×96(288×384)の規格で制作しなければなりませんでしたが・・・
うん、使えそうです。
実際にイベントに組み込んでからの評価は保留ですが、
素材としての運用は出来そうなので、良しとします。

(ちなみに、こんな感じ)
$ACT01.png

今回の検証作業は以上でした!

スポンサーサイト
[PR]

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。