FC2ブログ
--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2015/11/15

RPGツクールのゲームパッド対応について

以前から使用していたゲームパッド(コントローラー)が
RPGツクールMVで使用できなくなっていました。

なんでかな~と思っていたら、
『Xinput』というコントローラー規格に対応しているものでないと使用できないらしいです。
『joytokey』というゲームパッドをキーボード操作に変換するソフトを使えばプレイできるそうですが・・・
もっと早く知りたかった。
買い換えちゃったよ。

ゲームパッドでプレイされる方は、ご注意ください。

スポンサーサイト
[PR]

2015/11/12

RPGツクールMV製のエロRPGが早くも登場。

まだ日本語版が発売されていないにも関わらず、
既にツクールMV製の同人エロRPGが発売されましたね!

巨乳の聖女と貧乳の魔女~魔女狩り廃絶への聖戦~
販売価格:1404円
サークル:ぬるはちぽんぽん
体験版あり
101.jpg

『Valkyrie Story --ヴァルキリーストーリー--』
『つるぺたボイン~魔道師と戦士の犯され冒険記~』など
エロRPG作品を中心に制作されているサークルさんみたいです。

現在、体験版をプレイ中なのですが・・・
コントローラーが上手く作動しないようで、難航しております。

購入希望の方は、こちらからどうぞ。
DL.siteさん
DLsite.jpg

2015/11/12

RPGゲームツクールコミュがオープン!

昨日に引き続き、またしても『First Seed Material』さんの後を埋めるように
RPGツクール向けのコミュニティーサイトがオープンしました。

みなみよつばさんという
私がメールマガジンの寄稿でお世話になった方が運営されています。
同人作品の支援をしたいとのことで、
年齢制限ありの話題もOKであるほか、
素材を投稿する際のテンプレなんかもあり、非常に利用しやすそうですよ。

個人的に『First Seed Material』さんは
素材の利用規約が不透明な方の投稿が多く、
同人や年齢制限ありの作品を制作されている方々には
少し使いづらい感じがありました。
なので、利用規約をテンプレ化してくれるのは、とってもありがたいですね。

下記のリンクから、どうぞ~。
RPGゲームツクールコミュ
http://gametkool.com/

2015/11/10

RPGツクールの素材投稿サイト(ベータ版)がオープン!

『ゲーム研究の弓猫チャンネル』さんが、
RPGツクールの素材投稿サイトを立ち上げてくれました!

その名も『ツクマテ』だそうです!
気になるサイトは、下記からどうぞ!
http://tm.lucky-duet.com/

昨年、『First Seed Material』さんが突然閉鎖されて以降、
国内でツクールに関するコミュニティーが無くなっていましたが・・・
これで以前のように活発な素材投稿がされると良いですね!
こうなるとRPGツクールMVの発売が待ち遠しいです。

ただ、やはり個人での運営なんですよね。
こーいうのを個人で運営するのは、かなり労力と費用がかかるはずなので・・・
個人的には発売元に頑張って欲しかったですけどね。

ちなみにJavaScriptに移行して
スクリプトの開発が進むのか気になっていましたが・・・
既にいくつかのプラグインが開発されているようで、嬉しい限りです。

このまま盛り上がってくるといいな。

2015/11/08

MVを早速検証!4

RPGツクール検証作業も4回目です。
海外版で、しかも体験版なので、とりあえず気になるところのみの確認でしたが、
素材に関しては応用できそうなので満足してます。

今回の検証は「VXやAce用のマップチップをMVでも使用できるか?」という点です。

まず使用したのは、DEGICAツクールストアで販売されている有料素材
「エンシェントダンジョン・タイルセット素材集 」です。
Ace用の素材ですが、半額セールしていた時に購入したものですね。

この素材を、いつもどおりGIMPを使用して150%拡大。
MVにインポートしてマップを制作していました。
以下が、その画像です。

map.jpg

うん、問題なく利用できそうなので一安心。
実はこれ、MVの販売が発表される直前に購入してしまったので、
損した気分になっていましたが・・・
活用できそうなので一安心です。

とはいえ、MVはデフォルトのマップチップ素材だけでも
かなりの量があるようなので、本当に必要になるかは日本版購入しないと何とも言えないですね。
海外版のマップチップを確認しましたが、体験版のためか量は少なかったですし。
ひょっとしたら、日本版は素材の量が多いので価格が高いのかもしれませんね!

あと注意点ですが、通行不可の設定は手動で切り替え設定しないといけないので、けっこう面倒です。
ご注意ください。

DEGICAツクールストア http://tkool.degica.com/
2015/11/01

MVを早速検証!3

前回に引き続き、今回もキャラクター生成機能について検証していきます。
前回は顔グラフィックについてでしたが、今回はキャラチップを検証します。
ちなみに、下がキャラクター生成機能の画面ですね。
MV04.jpg

見ていただきたいのは、サイドビュー戦闘用のキャラチップです。
通常のキャラチップより大きいですよね?
通常のキャラチップが48×48の設定なのに対し、
戦闘用キャラチップは64×64の設定です。
つまり通常キャラチップは戦闘用キャラチップより75%ほど小さいということになります。

これを踏まえて、今回の検証作業は
『戦闘用キャラチップを75%縮小すれば、通常キャラチップとして利用できるか?』
という疑問を解決してみました。

まずは上記画像のサイドビュー用キャラチップをエクスポートし、
『GIMP』を使用して75%縮小します。

次に通常キャラチップを同様にエクスポートし、
同じくエクスポートした倒れグラフィックと合わせて合成してみました。
それが下記のキャラチップになります。

ANNA.png
・・・上手く合わさったように見えます。
というわけで、早速イベントを設置し、テストプレイしてみました。

MV03.jpg

問題なさそうです。
これを活用すれば、イベントシーンで詠唱させたり、ダメージを受けたり、
傷を負ったり、前のめりに倒れたりといった演出ができますね!

あとはサイドビュー用の武器グラフィックを同様に75%に縮小し、
『振り』アクションに持たせてみました。
それが上記の赤○で囲ったキャラチップです。

残念ながら48×48の設定では武器を持たせるにはサイズが小さいため、
96×96(288×384)の規格で制作しなければなりませんでしたが・・・
うん、使えそうです。
実際にイベントに組み込んでからの評価は保留ですが、
素材としての運用は出来そうなので、良しとします。

(ちなみに、こんな感じ)
$ACT01.png

今回の検証作業は以上でした!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。