FC2ブログ
--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2015/12/29

RPGツクール検証 サイドビュー戦闘変更プラグイン編(1)

ツクールMVの検証でーす。
今回は公式サイトで配布されているサイドビュー戦闘を
改変するプラグインについて検証します。

このプラグインは下記の公式サイトで配布されています。
https://tkool.jp/mv/
ユーザー登録後、公式から登録したメールアドレスに返信が送られてきます。
その返信の中にダウンロードサイトのURLが記載されており、
そのサイトに移動すればダウンロードが可能になります。

今回の検証はデフォルトのサイドビュー戦闘を変更するプラグインです。
具体的には、
 ・YEP_CoreEngine
 ・YEP_BattleEngineCore
 ・YEP_X_ActSeqPack1
 ・YEP_X_ActSeqPack2
 ・YEP_X_ActSeqPack3
を導入した場合、
 1.そのままだと、どう変更されるのか?
 2.その使い方は?
以上を検証します。

まずはデフォルトの戦闘画面です。
side01.jpg
side02.jpg

上記のプラグインを導入すると、下のような戦闘画面に変更されます。
side03.jpg
side04.jpg

エネミーターゲットを直接指定できるようになり、
バトルメッセージではなくログが表示されるようになりました。
個人的には、このバトル画面の方が好きですが、
ただこれだけのプラグインというわけではありません。

重要なのは、『YEP_X_ActSeqPack2』にあります。
P3X-774様にて、サイドビュー戦闘変更についての詳しい解説がされています。
かなり勉強になるので、ご確認ください。
http://p3x774.web.fc2.com/
動画がめっちゃカッコいいッス。

とはいえ素人の私には、理解するのに難しい面がありました。
簡単に言うと、『YEP_X_ActSeqPack2』のプラグインは
スキル発動時のモーションを細かく設定することで、
アクション性をもたらすことができるプラグインみたいです。

詳しくはP3X-774様の解説を見ていただきたいのですが、
戦闘アクションには細かな設定がされています。
例えば、『一歩前に出る』『“振る”のモーションをする』
『武器画像が出る』『攻撃アニメーションが表示される』みたいな感じでしょうか。
これら一つ一つのアクションをスキルのエディター画面から
”設定し直す”ことができるプラグインです。
side07.jpg
上記の画像はエディーターのスキル編集画面です。
この画面の右下に『メモ』欄がありますが、
こちらにアクション関連の『命令』のようなものを記載することで
アクターが任意の動きをしてくれるようになります。
要は、P3X-774様の動画で公開されているような動きを
アクターにさせることができるようになるわけです。

というわけで、
通常攻撃を『敵の前までダッシュして攻撃する』というアクションに変更してみました。
side05.jpg
プラグインを導入した上で、メモ欄に
side08.jpg
上の図のような記載をすると正常に動作します。
ちなみに図で表示したのは、
直接記入すると『target action』の部分が表示されなくなるからです。
このアクションに変更するとキャラクターがモンスターの前までダッシュして攻撃します。
このため弓とか銃とかの武器が使用できなくなるのが難点です。

次に通常攻撃の際に『ジャンプ』するよう変更してみました。
side06.jpg
side09.jpg
ちょっと図では、わかりにくいですかね。
上手くキャプチャーできなくて、すいません。
この場合でも、弓とか銃とかの攻撃が難しくなりますかね。

このあたりの構造を理解できれば、
P3X-774様の動画みたいなアクション攻撃が実装できます!
・・・めっちゃ大変だ。

あと注意事項としては、
モンスターの通常攻撃もダッシュしたりジャンプしたりすることでしょうか。
まあ、モンスターの場合は通常攻撃スキルを別にツクっておけば大丈夫ですけど。

最後にスキルのメモ欄ですが、コピーペーストできません。
なんでやねん!
また、プラグイン管理画面から『YEP_X_ActSeqPack2』のヘルプが確認できます。
アクションの指定方法などは、こちらも確認するといいでしょう。
・・・これもコピーペーストできん。
なんでやねん!
印刷させろや!

げ、長い!
今回の検証作業は以上です!
スポンサーサイト
[PR]

2015/11/15

RPGツクールのゲームパッド対応について

以前から使用していたゲームパッド(コントローラー)が
RPGツクールMVで使用できなくなっていました。

なんでかな~と思っていたら、
『Xinput』というコントローラー規格に対応しているものでないと使用できないらしいです。
『joytokey』というゲームパッドをキーボード操作に変換するソフトを使えばプレイできるそうですが・・・
もっと早く知りたかった。
買い換えちゃったよ。

ゲームパッドでプレイされる方は、ご注意ください。

2015/11/12

RPGゲームツクールコミュがオープン!

昨日に引き続き、またしても『First Seed Material』さんの後を埋めるように
RPGツクール向けのコミュニティーサイトがオープンしました。

みなみよつばさんという
私がメールマガジンの寄稿でお世話になった方が運営されています。
同人作品の支援をしたいとのことで、
年齢制限ありの話題もOKであるほか、
素材を投稿する際のテンプレなんかもあり、非常に利用しやすそうですよ。

個人的に『First Seed Material』さんは
素材の利用規約が不透明な方の投稿が多く、
同人や年齢制限ありの作品を制作されている方々には
少し使いづらい感じがありました。
なので、利用規約をテンプレ化してくれるのは、とってもありがたいですね。

下記のリンクから、どうぞ~。
RPGゲームツクールコミュ
http://gametkool.com/

2015/11/10

RPGツクールの素材投稿サイト(ベータ版)がオープン!

『ゲーム研究の弓猫チャンネル』さんが、
RPGツクールの素材投稿サイトを立ち上げてくれました!

その名も『ツクマテ』だそうです!
気になるサイトは、下記からどうぞ!
http://tm.lucky-duet.com/

昨年、『First Seed Material』さんが突然閉鎖されて以降、
国内でツクールに関するコミュニティーが無くなっていましたが・・・
これで以前のように活発な素材投稿がされると良いですね!
こうなるとRPGツクールMVの発売が待ち遠しいです。

ただ、やはり個人での運営なんですよね。
こーいうのを個人で運営するのは、かなり労力と費用がかかるはずなので・・・
個人的には発売元に頑張って欲しかったですけどね。

ちなみにJavaScriptに移行して
スクリプトの開発が進むのか気になっていましたが・・・
既にいくつかのプラグインが開発されているようで、嬉しい限りです。

このまま盛り上がってくるといいな。

2015/11/08

MVを早速検証!4

RPGツクール検証作業も4回目です。
海外版で、しかも体験版なので、とりあえず気になるところのみの確認でしたが、
素材に関しては応用できそうなので満足してます。

今回の検証は「VXやAce用のマップチップをMVでも使用できるか?」という点です。

まず使用したのは、DEGICAツクールストアで販売されている有料素材
「エンシェントダンジョン・タイルセット素材集 」です。
Ace用の素材ですが、半額セールしていた時に購入したものですね。

この素材を、いつもどおりGIMPを使用して150%拡大。
MVにインポートしてマップを制作していました。
以下が、その画像です。

map.jpg

うん、問題なく利用できそうなので一安心。
実はこれ、MVの販売が発表される直前に購入してしまったので、
損した気分になっていましたが・・・
活用できそうなので一安心です。

とはいえ、MVはデフォルトのマップチップ素材だけでも
かなりの量があるようなので、本当に必要になるかは日本版購入しないと何とも言えないですね。
海外版のマップチップを確認しましたが、体験版のためか量は少なかったですし。
ひょっとしたら、日本版は素材の量が多いので価格が高いのかもしれませんね!

あと注意点ですが、通行不可の設定は手動で切り替え設定しないといけないので、けっこう面倒です。
ご注意ください。

DEGICAツクールストア http://tkool.degica.com/
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。